歴代競馬騎手”小島太”

歴代競馬騎手〜小島太とは〜

小島太氏は、第一次から第二次競馬ブームの長きにわたって競馬の隆盛を支えた伝説的騎手です。現役時代はレース内容もさることながら、その個性的な言動で多くの注目集め、熱狂的なファンを生みました。現在の所属団体はJRA日本中央競馬会の美浦トレーニングセンターで、現役時代の印象からは想像もつかない堅実な経営者の顔を持った調教師として活躍しています。

歴代競馬騎手〜小島太の生い立ち〜

そんな小島太氏の生年月日は1947年4月11日、出身地は北海道で、馬商と装蹄を生業としていた父のもとに生を受けました。生い立ちを見てみると、幼少のころから草競馬に出場したり、小学校の長期休暇には手伝いとして道営競馬場に出入りしていたりと、馬に慣れ親しんでいた様子を垣間見ることができます。長じて後は中央競馬の騎手に憧れを抱くようになり、騎手養成課程を受験する際には、もし合格しなかった場合は「青函連絡船から飛び降りて死ぬ」という覚悟であったという逸話もあるほど。騎手養成課程時には身長163cm・体重50kgという当時のジョッキーとしては比較的大柄な体を持っていた小島氏は、半ば強迫観念を抱くほどに大きくなることを恐れ、箪笥の中で眠っていたという壮絶なエピソードもあります。

歴代競馬騎手〜小島太の活躍〜

念願かなって騎手となってからは、大舞台でこそ真価を発揮するその騎乗スタイルで数多くのファンを魅了する反面、あまりにも負けっぷりが潔い騎手としても名を馳せました。また、自らを「元祖・不良」と称するなど個性的な言動でも常に注目を集め続け、熱狂的なファンと同時に多くのアンチを抱えてしまったことでも知られています。
その印象的な騎乗スタイルは文化人たちをも惹きつけ、小島太氏には「華のある男」「日本一ピンクの似合う個性派騎手」など、沢山の二つ名が贈られました。
時に予想を裏切るような騎乗で泣かされた馬券師も多かったはずですが、引退式は相性である「フトシ」の大歓声に送られてステッキを置きました。

歴代競馬騎手”和田竜二”

歴代競馬騎手〜和田竜二とは〜

和田竜二騎手は、所属団体として日本中央競馬会に属するジョッキーです。
生年月日は1977年6月23日で、身長165cm体重50kgです。出身地は滋賀県となっています。
デビューまでの生い立ちとして、JRAの厩務員として働く父を持ち競馬学校に入学しています。
競馬学校12期生として騎手デビューを果たし、この12期生は女性騎手や双子、有名ジョッキーの息子などがおり注目を集めていました。

歴代競馬騎手〜和田竜二の活躍〜

和田竜二騎手は1996年に栗東からデビューし、岩元市三厩舎に所属していました。デビュー年にステイヤーズステークスで重賞競走を勝利し、同期生の中でも最初の重賞勝利を果たしています。
デビュー年は33勝をあげ、中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞しています。

その後1999年にはテイエムオペラオーの手綱をとり、皐月賞でG1競走を初制覇しています。2000年は同じくテイエムオペラオーとコンビを組み、重賞競走を8連勝と言う快挙を成し遂げました。テイエムオペラオーは現在でも獲得賞金ランキングの世界1位の座を守っています。

2012年には通算勝利数も800勝を達成しており、コンスタントに勝ち星を重ねています。その後、2016年には通算勝利数も1000勝を超えました。

2012年の地方交流競走である川崎記念ではワンダーアキュートに騎乗し、11年ぶりにG1競走を制覇しています。
また、和田竜二騎手の甥も騎手としてデビューをしています。

競馬予想の観点からはG1競走勝利からは遠ざかっているものの、先行馬に騎乗しているケースが多く、ローカル競馬などでは現在も外せないジョッキーです。
ファンサービスにも熱心なジョッキーで、寄付活動なども積極的に行っています。

歴代競馬騎手”安藤勝己”

歴代競馬騎手〜安藤勝己とは〜

安藤勝己は生年月日が1960年3月28日生まれ出身地が愛知県で長らく笠松競馬で活躍をしていて、晩年になってから所属団体をJRAに移り大活躍をした騎手の一人です。
身長は161cmと騎手としては平均的なものとなっていて、体重は50kg前後でしたが晩年は年齢によって調整に苦労をしていました。

歴代競馬騎手〜安藤勝己の生い立ち〜

生い立ちは愛知県一宮市に生まれ、兄である安藤光彰が笠松競馬の吉田旧車に出入りをするようになったことがきっかけで安藤勝己は騎手を目指すことになりました。
安藤勝己は1976年に笠松競馬でデビューをするとすぐに頭角を現すようになり、デビューから二ヶ月で重賞勝利をあげるほどでした。

歴代競馬騎手〜安藤勝己の活躍〜

二年目には78勝をあげ、三年目は116勝をマークし早くもリーディングジョッキーの座についたのです。
そしてそれは18年連続で続くことになり、笠松競馬の伝説的な機種となったのでした。
しかし、30歳を過ぎた頃から特に苦労をすることもなくただ勝ってしまう毎日に飽き始め引退を考えるようになっていましたが、中央競馬との交流が大幅拡大されるようになり、安藤勝己は積極的に中央競馬に参戦をするようになりました。
その後、次第に中央競馬に対する意識が高まり移籍をのぞむようになりました。

その願いがかなったのが2003年のことであり、中央競馬の騎手免許を取得することになり晴れて移籍をすることができたのです。
舞台を地方から中央に移しても安藤勝己の快進撃はとどまらず、神がかった騎乗を数多く披露をして多くのファンに安藤勝己は地方だけでなく中央でも一線級の活躍をすることを印象づけたのです。
馬券に関しても安藤勝己が乗るから馬券を買うという予想をする必要がある程に、信頼されていた騎手でした。

歴代競馬騎手”田原成貴”

歴代競馬騎手〜田原成貴とは〜

田原成貴は1978年に騎手としてデビューし、多くの名勝負を駆け抜けました。騎手時代の所属団体は日本中央競馬会で、生年月日は1959年1月15日、出身地は島根県となっています。その生い立ちは競馬と一切関係無く、一般の家庭に生まれ育ったもので、1973年の東京優駿において竹ホープに騎乗した嶋田功が1着を獲得した姿に感銘を受けて、騎手を志しました。身長は騎手としては高い169cm、体重は51kgです。

歴代競馬騎手〜田原成貴の活躍〜

騎手レビュー後はテンシンニシキやリョクシュに騎乗、重賞初勝利はリョクシュに乗ったタマツバキ記念となっています。同年には多くの勝利を挙げ、中央競馬関西放送記者クラブ賞を獲得しています。その活躍から天才とも呼ばれ、周囲の予想通りに勝利をし続けました。

1983年にはリードホーユーとともに有馬記念優勝を飾るなど、同年には年間104勝を挙げ、リーディングジョッキー賞として表彰されています。田原成貴の快進撃は同年に留まらず、1984年にはダイアナソロンに騎乗して桜花賞を制します。
激しいレースから落馬事故に遭うこともあり、田原は1984年に2度、1986年に1度、さらに1989年にも落馬事故により怪我を負っています。1986年の落馬では、馬から落ちたあとに後続の馬に腹部を蹴られて重傷を負ったものの、治療やリハビリを得て復活を遂げました。しかし1989年の落馬では腰椎などを骨折しています。

落馬事故から復帰後、1993年にはトウカイテイオーに騎乗して有馬記念を制覇、名馬として知られるマヤノトップガンにも騎乗し、多くのG1を勝ち続けます。引退は1998年の2月で、通算成績は8648戦1112勝と偉大な記録を残しました。

歴代競馬騎手”武邦彦”

歴代競馬騎手〜武邦彦とは〜

2016年8月12日、日本競馬界に大きな功績を残した偉大な騎手がこの世を去りました。その人の名前は「武邦彦(たけくにひこ)」。JRA歴代最多勝記録を誇り、現役ジョッキーとしても活躍中である「武豊」の父親としても知られていますが、ご本人自身も名ジョッキーとして昭和の日本競馬を大変に盛り上げてくれました。

歴代競馬騎手〜武邦彦の生い立ち〜

武豊と言えば京都で生まれ育ったことで有名ですが、父・邦彦の出身地は北海道函館市であり、生年月日は1938年10月20日生まれ。その生い立ちは実に裕福であり、父は北海道馬主協会の重鎮。祖父は名のある馬術家で知られていました。そんな武邦彦が騎手を始めるキッカケとなったのが中学2年生の時です。親族が京都競馬場で厩舎を開いており、その叔父の勧めで京都に移って騎手人生をスタートさせたのです。

歴代競馬騎手〜武邦彦の活躍〜

長い人生の大半を日本中央競馬会という所属団体で過ごすことになるのですが、デビューは1957年であり19歳の時でした。初年度は8勝をあげ、そこからコンスタントに成績を伸ばしていきます。騎手としては長身(身長172センチ)でしたが、体重管理を徹底し、馬に負担をかけないような柔らかい騎乗フォームで、ターフの魔術師と呼ばれ活躍。ジョッキーとして活動した時期は1960年代から1980年代にかけて。

重賞80勝を含む通算勝利数1163勝をあげて1984年に引退。引退後は調教師として第2の競馬人生を歩みました。調教師としても重賞18勝を含む375勝をあげ、2009年に定年を迎えて引退します。その後も競馬界の発展に貢献。競馬評論家や解説者として活躍。第一線からは退いたものの、スポーツ新聞紙上での執筆活動で、その存在感をアピール。それほど頻繁ではありませんでしが、テレビ出演で予想や解説なども行っており、引退後も競馬界の為に尽力されたのです。

競馬予想と武親子

競馬予想で武親子を知ることは非常に大切になってきます。初心者の方でも一度は耳にしたことがある”武”という文字。さらに競馬予想サイトを知ることも非常に大切になってきます。私が信頼しているサイトは幾つかありますが、現在では非常に多くの競馬予想サイトが出てきています。今回紹介するのは競馬予想サイトを口コミのランキング形式で紹介しているさいとです。「競馬予想サイト口コミ」初心者の方はこちらで信用できるサイトを選んでみるのもいいでしょう。

歴代競馬騎手”吉田豊”

歴代競馬騎手〜吉田豊とは〜

吉田豊騎手の所属団体は日本中央競馬会です。
関東所属の騎手として、長年の実績があります。
弟も騎手としてデビューしており、同じく関東に所属しています。

歴代競馬騎手〜吉田豊の生い立ち〜

生年月日は1975年4月19日で、身長159cm体重48kgです。出身地は茨城県です。
吉田ゆたか騎手の生い立ちとして、茨城県に生まれ育ち競馬に関心を抱くことなく中学を卒業舌事が挙げられます。高校受験を控える段階になってから、騎手と言う職業があることを知り競馬学校への受験を決意します。
もちろん乗馬などは未経験であったため、入学当初は初心者向けのプログラムを行っていました。
しかし半年ほど経つと上達し、同期の中でもトップの成績を残すようになります。

歴代競馬騎手〜吉田豊の活躍〜

デビュー後は大久保洋吉厩舎に所属し、その関係は大久保調教師が引退するまで続きました。数年経つとフリーランスとなる騎手が多い中で珍しいケースと言えます。

吉田豊騎手は1994年にデビューし、初年度は大久保厩舎の大半に騎乗しています。
1年目はそれほど目立った成績ではありせんでしたが、翌年には年間勝利数が28勝に伸び、関東の期待の新人として注目を集めました。
穴馬を上位に食い込ませることでも評判が高く、周りからの信頼を勝ち取っていきます

1996年にはメジロドーベルに騎乗し、G1初制覇を果たします。初めての重賞制覇がG1競走となりました。
この後もメジロドーベルとのコンビで優駿牝馬や秋華賞を勝利し、古馬となった後もエリザベス女王杯を制覇するなどしています。
2013年にはJRA通算勝利数1000勝も達成しているベテランジョッキーです。

競馬予想には現在でも関東のリーディング上位のひとりとして、度々名前のあがるジョッキーでもあります。

歴代競馬騎手”北村宏司”

歴代競馬騎手〜北村宏司とは〜

北村宏司は、競馬の騎手です。所属団体は日本中央競馬会で、騎手としてデビューしたのは1999年です。出身地は長野県で、生年月日は1980年7月24日、身長157センチ、体重50キロなどのプロフィールになっています。日本中央競馬内の騎手になってからの生い立ちとしては、デビュー翌年の2000年1月30日に東京新聞杯でダイワカーリアンで重賞初勝利を飾り、その後もコンスタントに勝利を挙げて、関東のリーディング騎手争いの上位に名を連ねるまでに成長していきました。

歴代競馬騎手〜北村宏司の活躍〜

そして2006年のヴィクトリアマイルではダンスインザムードで初のGIタイトルを獲得しました。2015年終了時点までに表彰された履歴としては、1999年に最多勝利新人騎手賞、フェアプレー賞、民放競馬記者クラブ賞、2008年にフェアプレー賞、2014年に5位で優秀騎手賞などがあります。2014年の3月1日にはデビュー以来通算1,000勝を達成しました。

そして同じ2014年の11月2日の秋の天皇賞では、重賞未勝利だったスピルバーグに騎乗して見事に勝ち、G1レース2勝目を挙げました。

また、12月27日には幸英明騎手に続き、史上二人目のJRA年間1,000回騎乗を達成しました。この騎乗回数の多さは馬主や厩舎関係者などからの信頼が大変厚いことの証明でもあり、同時に馬券を買うファンとしても予想の段階で北村宏司の騎乗する馬については無視できないものとなっています。また、2015年には演歌歌手の北島三郎さんがオーナーであるキタサンブラックで菊花賞を勝ち、自身初のクラシック勝利も果たしました。常にリーディング上位を争う彼の活躍に今後も多くのファンが期待しています。

歴代競馬騎手”幸英明”

歴代競馬騎手〜幸英明とは〜

幸英明は競馬のジョッキーです。彼の所属団体は日本中央競馬会で、出身地は鹿児島県です。生年月日は1976年1月12日で、身長165センチ、体重は50キロです。幸英明騎手は多くの重賞レースも制覇していますが、中でも印象深いのが2003年に牝馬クラシック3冠を達成したスティルインラブです。

歴代競馬騎手〜幸英明の生い立ち〜

1994年にデビューして以来、なかなかG1レースで勝つことが出来なかったのですが、2003年にこのスティルインラブで桜花賞、オークス、秋華賞の3つのG1を一挙に制覇したのです。彼の生い立ちは、鹿児島県鹿屋市で育ち、中学3年生までは競馬とはほぼ無縁の生活を送っていました。

中学3年生の時に体が小さいことを理由に騎手になることをすすめられ、騎手を目指すことになりました。幸英明騎手の同期には渡辺薫彦や、吉田豊がいます。彼らとともに競馬学校の10期として入学し、1994年に騎手免許を取得して谷八郎厩舎に所属ししました。デビューした年に23勝を挙げ、デビュー2年目には春の天皇賞でGI初騎乗を果たしました。

歴代競馬騎手〜幸英明の活躍〜

2015年終了までに1,161の勝ち星を積み重ねています。長年にわたって安定した騎乗ぶりをみせる幸騎手の騎乗に信頼を寄せるファンも多く、馬券予想の際には彼の馬を軸に馬券を組み立てるファンも多いです。

また、幸騎手は地方競馬でも活躍しています。特にブルーコンコルドとのコンビで活躍したレースが印象深く、JBCスプリントを連覇したこともありましたし、マイルチャンピオンシップ南部杯を3連覇したこともありました。また、ホッコータルマエに騎乗した東京大賞典では、2013年と2014年に同レースを連覇するという偉業も達成しました。

歴代競馬騎手”保田隆芳”

歴代競馬騎手〜保田隆芳とは〜

保田隆芳は生年月日1920年3月18日の出身地が東京の騎手であり、所属団体は現在の東京競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会〈JRA〉に所属していました。
1964年の時点で、身長は156cm体重は52kgとされています。

歴代競馬騎手〜保田隆芳の生い立ち〜

裕福な実家に生まれたという生い立ちもあって、幼少の頃から花月園遊園地でロバに跨ることを楽しみとしていて、その頃から騎手としての将来を匂わせるものを持っていたといえます。
その後は本格的に乗馬に興味をもつようになり、14歳の頃には東京倶楽部に所属することになりました。
そして、1936年の11月21日に騎手としてデビューをすることになりましたが、初戦は15着と惨敗をしてしまい、その年は結局4戦0勝で勝つことはできませんでした。

歴代競馬騎手〜保田隆芳の活躍〜

当時は今ほど若手騎手の騎乗機会は多くなく、初勝利をあげるのは結局約一年後の10月までお預けとなったのです。
しかし、初勝利をあげてからは徐々に頭角をあらわし3年目からは急速に成績を向上させることになりました。
そこから順調な騎手生活を送っていたのですが、転機が訪れたのは40を目前にした頃の話でアメリカに遠征をしたことによって現在では誰もが当たり前に行っているモンキー乗りを日本に導入することになり更に成績を向上することになりました。
また、モンキー乗りだけでなく調整ルームや馬具や鞭なども日本に持ち込み日本の競馬の発展に大きく貢献をしたのです。
その後は史上初の騎手としての1000勝を達成することになり、引退後も調教師として好成績を残し競馬界に尽くすことになりました。
現在の競馬界は一昔前からすれば予想することができない発展を遂げていますが、その一因となったのが保田隆芳の存在に他ならないのです。

歴代競馬騎手”野平祐二”

歴代競馬騎手〜野平祐二とは〜

競馬を知る全ての人々にとって、野平祐二騎手の名はある意味特別なものなのではないでしょうか。古参ファンにとっては戦前から国営競走を支えてきた功労者として、比較的若いファンにとっては名馬を世に送り出してきた腕利きの調教師として、脳裏にその名を刻んでいるに違いありません。

歴代競馬騎手〜野平祐二の生い立ち〜

そんな野平祐二氏の生年月日は1928年3月20日、出身地は千葉県船橋市で、幼少の頃から馬が身近にいる環境で育ったと言います。生い立ちを見てみると、小学校時代には既に鞍をつけて騎乗していたと言いますから、騎手であった父親の影響も色濃く受けていたのかも知れません。

身長や体重など、騎手としてのスペックは今や知る由もありませんが、プロ騎手はただ勝つだけではなく、その技術によってファンを魅了しなければならないという信念に基づいた洗練された騎乗スタイルは「見せる競馬」と呼ばれ、後進の名ジョッキーたちにも大きな影響を与えました。

所属団体は現在の中央競馬会の前身となる組織から数えると3つにまたがり、これこそが野平氏が日本の競馬を黎明期から支え続けてきた『ミスター競馬』と呼ばれるに相応しい伝説の騎手であることの証明と言えるでしょう。
先鋭的な感覚で常に世界を視野に入れ、騎手としても調教師としても優れた戦績を残した野平祐二氏は、もはや予想や馬券というギャンブル的な要素を超えて「ホースマン」と呼ばれる人たちの地位を確立したパイオニアの一人であることは間違いありません。

歴代競馬騎手〜野平祐二の活躍〜

戦後初の日本人ジョッキーによる海外騎乗初勝利や、日本ホースマンクラブの結成に寄与するなど数多くの功績を残し、JRA発足50周年には顕彰されて殿堂入りを果たした野平祐二氏。
常に知性あふれる言説で、競馬にスタイリッシュな華やかさを吹き込んだ氏の功績は、これからも日本の競馬史の中で燦然と輝き続けることでしょう。