歴代競馬騎手”保田隆芳”

歴代競馬騎手〜保田隆芳とは〜

保田隆芳は生年月日1920年3月18日の出身地が東京の騎手であり、所属団体は現在の東京競馬倶楽部、日本競馬会、国営競馬、日本中央競馬会〈JRA〉に所属していました。
1964年の時点で、身長は156cm体重は52kgとされています。

歴代競馬騎手〜保田隆芳の生い立ち〜

裕福な実家に生まれたという生い立ちもあって、幼少の頃から花月園遊園地でロバに跨ることを楽しみとしていて、その頃から騎手としての将来を匂わせるものを持っていたといえます。
その後は本格的に乗馬に興味をもつようになり、14歳の頃には東京倶楽部に所属することになりました。
そして、1936年の11月21日に騎手としてデビューをすることになりましたが、初戦は15着と惨敗をしてしまい、その年は結局4戦0勝で勝つことはできませんでした。

歴代競馬騎手〜保田隆芳の活躍〜

当時は今ほど若手騎手の騎乗機会は多くなく、初勝利をあげるのは結局約一年後の10月までお預けとなったのです。
しかし、初勝利をあげてからは徐々に頭角をあらわし3年目からは急速に成績を向上させることになりました。
そこから順調な騎手生活を送っていたのですが、転機が訪れたのは40を目前にした頃の話でアメリカに遠征をしたことによって現在では誰もが当たり前に行っているモンキー乗りを日本に導入することになり更に成績を向上することになりました。
また、モンキー乗りだけでなく調整ルームや馬具や鞭なども日本に持ち込み日本の競馬の発展に大きく貢献をしたのです。
その後は史上初の騎手としての1000勝を達成することになり、引退後も調教師として好成績を残し競馬界に尽くすことになりました。
現在の競馬界は一昔前からすれば予想することができない発展を遂げていますが、その一因となったのが保田隆芳の存在に他ならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です