歴代競馬騎手”幸英明”

歴代競馬騎手〜幸英明とは〜

幸英明は競馬のジョッキーです。彼の所属団体は日本中央競馬会で、出身地は鹿児島県です。生年月日は1976年1月12日で、身長165センチ、体重は50キロです。幸英明騎手は多くの重賞レースも制覇していますが、中でも印象深いのが2003年に牝馬クラシック3冠を達成したスティルインラブです。

歴代競馬騎手〜幸英明の生い立ち〜

1994年にデビューして以来、なかなかG1レースで勝つことが出来なかったのですが、2003年にこのスティルインラブで桜花賞、オークス、秋華賞の3つのG1を一挙に制覇したのです。彼の生い立ちは、鹿児島県鹿屋市で育ち、中学3年生までは競馬とはほぼ無縁の生活を送っていました。

中学3年生の時に体が小さいことを理由に騎手になることをすすめられ、騎手を目指すことになりました。幸英明騎手の同期には渡辺薫彦や、吉田豊がいます。彼らとともに競馬学校の10期として入学し、1994年に騎手免許を取得して谷八郎厩舎に所属ししました。デビューした年に23勝を挙げ、デビュー2年目には春の天皇賞でGI初騎乗を果たしました。

歴代競馬騎手〜幸英明の活躍〜

2015年終了までに1,161の勝ち星を積み重ねています。長年にわたって安定した騎乗ぶりをみせる幸騎手の騎乗に信頼を寄せるファンも多く、馬券予想の際には彼の馬を軸に馬券を組み立てるファンも多いです。

また、幸騎手は地方競馬でも活躍しています。特にブルーコンコルドとのコンビで活躍したレースが印象深く、JBCスプリントを連覇したこともありましたし、マイルチャンピオンシップ南部杯を3連覇したこともありました。また、ホッコータルマエに騎乗した東京大賞典では、2013年と2014年に同レースを連覇するという偉業も達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です