歴代競馬騎手”吉田豊”

歴代競馬騎手〜吉田豊とは〜

吉田豊騎手の所属団体は日本中央競馬会です。
関東所属の騎手として、長年の実績があります。
弟も騎手としてデビューしており、同じく関東に所属しています。

歴代競馬騎手〜吉田豊の生い立ち〜

生年月日は1975年4月19日で、身長159cm体重48kgです。出身地は茨城県です。
吉田ゆたか騎手の生い立ちとして、茨城県に生まれ育ち競馬に関心を抱くことなく中学を卒業舌事が挙げられます。高校受験を控える段階になってから、騎手と言う職業があることを知り競馬学校への受験を決意します。
もちろん乗馬などは未経験であったため、入学当初は初心者向けのプログラムを行っていました。
しかし半年ほど経つと上達し、同期の中でもトップの成績を残すようになります。

歴代競馬騎手〜吉田豊の活躍〜

デビュー後は大久保洋吉厩舎に所属し、その関係は大久保調教師が引退するまで続きました。数年経つとフリーランスとなる騎手が多い中で珍しいケースと言えます。

吉田豊騎手は1994年にデビューし、初年度は大久保厩舎の大半に騎乗しています。
1年目はそれほど目立った成績ではありせんでしたが、翌年には年間勝利数が28勝に伸び、関東の期待の新人として注目を集めました。
穴馬を上位に食い込ませることでも評判が高く、周りからの信頼を勝ち取っていきます

1996年にはメジロドーベルに騎乗し、G1初制覇を果たします。初めての重賞制覇がG1競走となりました。
この後もメジロドーベルとのコンビで優駿牝馬や秋華賞を勝利し、古馬となった後もエリザベス女王杯を制覇するなどしています。
2013年にはJRA通算勝利数1000勝も達成しているベテランジョッキーです。

競馬予想には現在でも関東のリーディング上位のひとりとして、度々名前のあがるジョッキーでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です