歴代競馬騎手”安藤勝己”

歴代競馬騎手〜安藤勝己とは〜

安藤勝己は生年月日が1960年3月28日生まれ出身地が愛知県で長らく笠松競馬で活躍をしていて、晩年になってから所属団体をJRAに移り大活躍をした騎手の一人です。
身長は161cmと騎手としては平均的なものとなっていて、体重は50kg前後でしたが晩年は年齢によって調整に苦労をしていました。

歴代競馬騎手〜安藤勝己の生い立ち〜

生い立ちは愛知県一宮市に生まれ、兄である安藤光彰が笠松競馬の吉田旧車に出入りをするようになったことがきっかけで安藤勝己は騎手を目指すことになりました。
安藤勝己は1976年に笠松競馬でデビューをするとすぐに頭角を現すようになり、デビューから二ヶ月で重賞勝利をあげるほどでした。

歴代競馬騎手〜安藤勝己の活躍〜

二年目には78勝をあげ、三年目は116勝をマークし早くもリーディングジョッキーの座についたのです。
そしてそれは18年連続で続くことになり、笠松競馬の伝説的な機種となったのでした。
しかし、30歳を過ぎた頃から特に苦労をすることもなくただ勝ってしまう毎日に飽き始め引退を考えるようになっていましたが、中央競馬との交流が大幅拡大されるようになり、安藤勝己は積極的に中央競馬に参戦をするようになりました。
その後、次第に中央競馬に対する意識が高まり移籍をのぞむようになりました。

その願いがかなったのが2003年のことであり、中央競馬の騎手免許を取得することになり晴れて移籍をすることができたのです。
舞台を地方から中央に移しても安藤勝己の快進撃はとどまらず、神がかった騎乗を数多く披露をして多くのファンに安藤勝己は地方だけでなく中央でも一線級の活躍をすることを印象づけたのです。
馬券に関しても安藤勝己が乗るから馬券を買うという予想をする必要がある程に、信頼されていた騎手でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です