歴代競馬騎手”武邦彦”

歴代競馬騎手〜武邦彦とは〜

2016年8月12日、日本競馬界に大きな功績を残した偉大な騎手がこの世を去りました。その人の名前は「武邦彦(たけくにひこ)」。JRA歴代最多勝記録を誇り、現役ジョッキーとしても活躍中である「武豊」の父親としても知られていますが、ご本人自身も名ジョッキーとして昭和の日本競馬を大変に盛り上げてくれました。

歴代競馬騎手〜武邦彦の生い立ち〜

武豊と言えば京都で生まれ育ったことで有名ですが、父・邦彦の出身地は北海道函館市であり、生年月日は1938年10月20日生まれ。その生い立ちは実に裕福であり、父は北海道馬主協会の重鎮。祖父は名のある馬術家で知られていました。そんな武邦彦が騎手を始めるキッカケとなったのが中学2年生の時です。親族が京都競馬場で厩舎を開いており、その叔父の勧めで京都に移って騎手人生をスタートさせたのです。

歴代競馬騎手〜武邦彦の活躍〜

長い人生の大半を日本中央競馬会という所属団体で過ごすことになるのですが、デビューは1957年であり19歳の時でした。初年度は8勝をあげ、そこからコンスタントに成績を伸ばしていきます。騎手としては長身(身長172センチ)でしたが、体重管理を徹底し、馬に負担をかけないような柔らかい騎乗フォームで、ターフの魔術師と呼ばれ活躍。ジョッキーとして活動した時期は1960年代から1980年代にかけて。

重賞80勝を含む通算勝利数1163勝をあげて1984年に引退。引退後は調教師として第2の競馬人生を歩みました。調教師としても重賞18勝を含む375勝をあげ、2009年に定年を迎えて引退します。その後も競馬界の発展に貢献。競馬評論家や解説者として活躍。第一線からは退いたものの、スポーツ新聞紙上での執筆活動で、その存在感をアピール。それほど頻繁ではありませんでしが、テレビ出演で予想や解説なども行っており、引退後も競馬界の為に尽力されたのです。

競馬予想と武親子

競馬予想で武親子を知ることは非常に大切になってきます。初心者の方でも一度は耳にしたことがある”武”という文字。さらに競馬予想サイトを知ることも非常に大切になってきます。私が信頼しているサイトは幾つかありますが、現在では非常に多くの競馬予想サイトが出てきています。今回紹介するのは競馬予想サイトを口コミのランキング形式で紹介しているさいとです。「競馬予想サイト口コミ」初心者の方はこちらで信用できるサイトを選んでみるのもいいでしょう。

歴代競馬騎手”吉田豊”

歴代競馬騎手〜吉田豊とは〜

吉田豊騎手の所属団体は日本中央競馬会です。
関東所属の騎手として、長年の実績があります。
弟も騎手としてデビューしており、同じく関東に所属しています。

歴代競馬騎手〜吉田豊の生い立ち〜

生年月日は1975年4月19日で、身長159cm体重48kgです。出身地は茨城県です。
吉田ゆたか騎手の生い立ちとして、茨城県に生まれ育ち競馬に関心を抱くことなく中学を卒業舌事が挙げられます。高校受験を控える段階になってから、騎手と言う職業があることを知り競馬学校への受験を決意します。
もちろん乗馬などは未経験であったため、入学当初は初心者向けのプログラムを行っていました。
しかし半年ほど経つと上達し、同期の中でもトップの成績を残すようになります。

歴代競馬騎手〜吉田豊の活躍〜

デビュー後は大久保洋吉厩舎に所属し、その関係は大久保調教師が引退するまで続きました。数年経つとフリーランスとなる騎手が多い中で珍しいケースと言えます。

吉田豊騎手は1994年にデビューし、初年度は大久保厩舎の大半に騎乗しています。
1年目はそれほど目立った成績ではありせんでしたが、翌年には年間勝利数が28勝に伸び、関東の期待の新人として注目を集めました。
穴馬を上位に食い込ませることでも評判が高く、周りからの信頼を勝ち取っていきます

1996年にはメジロドーベルに騎乗し、G1初制覇を果たします。初めての重賞制覇がG1競走となりました。
この後もメジロドーベルとのコンビで優駿牝馬や秋華賞を勝利し、古馬となった後もエリザベス女王杯を制覇するなどしています。
2013年にはJRA通算勝利数1000勝も達成しているベテランジョッキーです。

競馬予想には現在でも関東のリーディング上位のひとりとして、度々名前のあがるジョッキーでもあります。