歴代競馬騎手”和田竜二”

歴代競馬騎手〜和田竜二とは〜

和田竜二騎手は、所属団体として日本中央競馬会に属するジョッキーです。
生年月日は1977年6月23日で、身長165cm体重50kgです。出身地は滋賀県となっています。
デビューまでの生い立ちとして、JRAの厩務員として働く父を持ち競馬学校に入学しています。
競馬学校12期生として騎手デビューを果たし、この12期生は女性騎手や双子、有名ジョッキーの息子などがおり注目を集めていました。

歴代競馬騎手〜和田竜二の活躍〜

和田竜二騎手は1996年に栗東からデビューし、岩元市三厩舎に所属していました。デビュー年にステイヤーズステークスで重賞競走を勝利し、同期生の中でも最初の重賞勝利を果たしています。
デビュー年は33勝をあげ、中央競馬関西放送記者クラブ賞を受賞しています。

その後1999年にはテイエムオペラオーの手綱をとり、皐月賞でG1競走を初制覇しています。2000年は同じくテイエムオペラオーとコンビを組み、重賞競走を8連勝と言う快挙を成し遂げました。テイエムオペラオーは現在でも獲得賞金ランキングの世界1位の座を守っています。

2012年には通算勝利数も800勝を達成しており、コンスタントに勝ち星を重ねています。その後、2016年には通算勝利数も1000勝を超えました。

2012年の地方交流競走である川崎記念ではワンダーアキュートに騎乗し、11年ぶりにG1競走を制覇しています。
また、和田竜二騎手の甥も騎手としてデビューをしています。

競馬予想の観点からはG1競走勝利からは遠ざかっているものの、先行馬に騎乗しているケースが多く、ローカル競馬などでは現在も外せないジョッキーです。
ファンサービスにも熱心なジョッキーで、寄付活動なども積極的に行っています。