歴代競馬騎手”野平祐二”

歴代競馬騎手〜野平祐二とは〜

競馬を知る全ての人々にとって、野平祐二騎手の名はある意味特別なものなのではないでしょうか。古参ファンにとっては戦前から国営競走を支えてきた功労者として、比較的若いファンにとっては名馬を世に送り出してきた腕利きの調教師として、脳裏にその名を刻んでいるに違いありません。

歴代競馬騎手〜野平祐二の生い立ち〜

そんな野平祐二氏の生年月日は1928年3月20日、出身地は千葉県船橋市で、幼少の頃から馬が身近にいる環境で育ったと言います。生い立ちを見てみると、小学校時代には既に鞍をつけて騎乗していたと言いますから、騎手であった父親の影響も色濃く受けていたのかも知れません。

身長や体重など、騎手としてのスペックは今や知る由もありませんが、プロ騎手はただ勝つだけではなく、その技術によってファンを魅了しなければならないという信念に基づいた洗練された騎乗スタイルは「見せる競馬」と呼ばれ、後進の名ジョッキーたちにも大きな影響を与えました。

所属団体は現在の中央競馬会の前身となる組織から数えると3つにまたがり、これこそが野平氏が日本の競馬を黎明期から支え続けてきた『ミスター競馬』と呼ばれるに相応しい伝説の騎手であることの証明と言えるでしょう。
先鋭的な感覚で常に世界を視野に入れ、騎手としても調教師としても優れた戦績を残した野平祐二氏は、もはや予想や馬券というギャンブル的な要素を超えて「ホースマン」と呼ばれる人たちの地位を確立したパイオニアの一人であることは間違いありません。

歴代競馬騎手〜野平祐二の活躍〜

戦後初の日本人ジョッキーによる海外騎乗初勝利や、日本ホースマンクラブの結成に寄与するなど数多くの功績を残し、JRA発足50周年には顕彰されて殿堂入りを果たした野平祐二氏。
常に知性あふれる言説で、競馬にスタイリッシュな華やかさを吹き込んだ氏の功績は、これからも日本の競馬史の中で燦然と輝き続けることでしょう。